三国志(TV・映画)

再び「三国志」江東の孫策、弟孫権に託す

最近何故か三国志(2010年版)がどうしても観たくなり、既に第36集目に差し掛かっています。 以前観たのが2012年だったので、ずいぶん前になりますね。 年をとったせいか、最初観たときとは、感じるところが違って来ます。 戦闘場面は見たくなく、敵でも兵士や…

笑える 三国志バトルCM

今日の天気は大荒れです。 折角の桜も殆ど散ってしまいました。 残念ですね… さて、最近メチャクチャ笑えるCMを視ました。 ゲームの三国志バトルのCM。 有名な桃園の「不求同年同月同日生 只願同年同月同日死」を曹操も一緒に誓ってるのです。 で、三国志フ…

三国志 ポーカーフェイス司馬懿≪three kingdoms 85~95集≫

尖閣諸島の問題はさておき、日中韓はFTA交渉に入るようですね。 中国も政権交代して、少し雰囲気が変わって来たのでしょうか。 それとも、今回の司馬懿の様に、本音と建前を使い分けるクレバーな面が お互いにやっと出てきたのでしょうか…。 さて、今回の…

三国志 女性に冷たい曹丕と曹叡≪three kingdoms 84~85集≫

米国ではオバマさん、再選を果たしましたね~ 中国の雅虎(YAHOO)のTOPページもオバマさんでした。 中国語では「奥巴馬」なんですね~ さて、三国志です。 曹丕は 前回で書きました蜀呉同盟の復活(魏の使者は呉の孫権に煮殺されたのです!)に怒り…

三国志 諸葛亮、馬稷を使者に立てる。≪three kingdoms 83~84集≫

最近の日中関係は、雪解けはしていませんが表面上は落ち着きつつあります。 先月の上海は特に目立った「反日」は無かったようです。 但し根本的な問題が解決されているとは言えず、まだまだ注視していく必要はあります。 日中間には「三国志」の様な共通の「…

三国志 劉備、諸葛亮に蜀漢を託す。≪three kingdoms 82~83集≫

お久しぶりに三国志の話題です。 日中関係は依然として、あまり良くは有りませんが、こんな時こそ文化交流はやめるべきではないと思います。 だから三国志、と言う訳ではありませんが・・・(単純に好きなだけです) さて、白帝城で臨終の床についた劉備。劉…

三国志 陸遜、劉備を倒す。≪three kingdoms 80~82集≫

すっごく久しぶりに三国志に戻ってきました。 BSフジで放送していた三国志も終わってしまい、ちょっと寂しい感じです。 でも、テレビ三国志の追っかけ記事は最後まできっちり書きます! さてさて、「蜀漢」を建て初代皇帝になった劉備の最初の大仕事が東呉…

映画版三国志「三国 荊州」

現在BSフジで放送中の「三国志」は「高希希(ガオシーシー)監督」の作品ですが、実は高監督、映画版「三国志」の撮影中だったのです!! 「関羽が荊州を失った」エピソードをスピンアウトして映画化。 題名もその通り「三国荊州」。 今年年末にクランクア…

三国志 劉備の蜀漢 諸葛亮の活躍 ≪three kingdoms-第77-78集≫

最近は「大秦帝国」も観終り、ちょっと脱力状態です・・・次は何を見ようかな… さて、献帝からの禅譲で劉氏から曹氏に帝室が移り、曹丕が初代皇帝になった事に反応して、劉備は別に「漢」を建国しました。「蜀漢」と呼ぶのは、後の「漢」と区別するために後…

三国志 天才医師 華佗(かだ) ≪three kingdoms-第71集≫

三国志と言えば、勇猛な武将や頭脳明晰な軍師を思い浮かべますが、今回は医師のお話です。 「華陀(かだ)」とは変わったお名前ですが、この方は今も「医神」と中国で称えられている名医です。 三国志演義では、曹操と関羽の治療をしています。 史実では 曹…

三国志 踊るルーイーの諸葛亮 ≪three kingdoms-番外編≫

今回は三国志本編ではありませんが… 「赤壁」での「借東風」の場面。 東呉の火攻めには東風が必要なのに、この時期は南西の風しか吹かない… そこで諸葛亮が奇門遁甲の妖術(?)で風を起こすと言う場面です。 その時、諸葛亮が黒装束に身を包んで祈るのです…

三国志 漢王室の滅亡 ≪three kingdoms-第75~76集≫

今回は漢王室最期の帝、献帝のエピソードです。 ちょっと暗いお話ですが、このニ回はとても見応えがあります。 史実とは完全に違うストーリーですが、単独で一編の悲劇として成り立っていて、まるで「リア王」を観ているみたいです。 漢の献帝は、400年続い…

三国志 曹操死す ≪Three Kingdoms 第74集≫

久しぶりに三国志に戻ってきました。 Three Kingdomsは既に95集を見終わっています。 全巻見終わって、スケールの大きさと見ごたえに大満足しています。 本国では “アイドル三国志”と批判している人もいますが、今までに無かったエピソードを丁寧に描いてい…

三国志 曹丕と曹植 七歩詩≪Three Kingdoms 第74集≫

現在三国志は まだ93集を見ています。(何度も見直しているから、なかなか進みません・・・) もうすぐ諸葛亮が死んでしまうみたいです…(涙) これで三国志も味気なくなりますね… でも、最後の95集までキッチリ見ますよ! BS放送中の方は、赤壁のあたりなので…

三国志 張飛の死 ≪Three kingdoms 第73~74集≫

現在三国志は93集を視聴中です。 あー残すは2集だけです。さみしいですね~。 ただ現在BSで放送中の方は、まだ40集くらいなのでそちらを又見るつもりです。 さて、桃園で誓い合った3兄弟、劉関張のうち既に関羽は亡くなってしまいましたが、今度は張飛です…

三国志 孫権の凄み ≪Three kingdoms 第73~74集≫

今は三国志92集を観ています。 諸葛亮はすっかりおジイ様に・・・(でも男前なおジイ様ですが) 残すところ、3集だけで寂しいですね~ さて、今回は孫権のエピソードです。 関羽が樊城を攻めていた頃、関羽が侮っていた東呉はとてもクレバーでした。 東呉の…

三国志 関羽死す≪three kingdoms-70~73集≫

ただ今「三国志」は91集を見ています。諸葛孔明の2度目の北伐で、これから司馬懿との一騎打ち。 あと4集でこのドラマも終わりです…。 88集辺りでは、諸葛亮の朋友「趙雲」が亡くなります…。趙雲は戦地ではなく自宅で多分老衰(?)で亡くなりました。 戦に…

三国志 諸葛亮ルーイー・劉備が語る、衣装の苦労 ≪three kingdoms≫

高希希監督の「新三国」もうすぐ89集に入ります。 本当は「関羽の最後」をそろそろ書かないといけないのですが、まだまだ三国志と関わっていたいので、ズルズルと先延ばしにしています・・・ で、今回は「三国志」ドラマ裏話です。 中国で放映される前に収…

諸葛亮を演じた俳優

諸葛亮は、三国志演義にその装束等の記述があり、払子などの小道具はそこから来ています。 人となりの雰囲気は、ドラマが制作された時期や、監督によって若干違っていますね。 言えることは 全員男前(かな?)。 代表的なものは こんな感じでしょうか? ◇NH…

三国志 諸葛亮 天才的外交家≪three kingdoms≫

今は新三国、86集まで来ています。 魏呉蜀のトップは 孫権だけが生きていて、曹丕も劉備も他界しています。役者はすっかり変わっており、今度は諸葛亮と司馬懿の戦いが始まろうとしています。 さて、この新三国はヒーローが何人かいますが、中盤からは間違…

三国志 劉備漢中王を名乗る ≪three kingdoms-70≫

劉備の軍師「龐統」が殺され、その仇にと「劉璋」が統治していた西川を占領した劉備は、「成都」に入りここを拠点としました。 「龐統」の記事はこちら⇒ http://blogs.yahoo.co.jp/anprimus_andor/39258667.html この後「定軍山」の戦いでは、老将「黄忠」の…

三国志 曹操、荀いく(じゅんいく)に空箱を贈る ≪three kingdoms-69≫

三国志には有能な軍師が沢山登場します。 この時代、軍師と言う地位が確立されていたようです。 荀いくは曹操の最も信頼する参謀・軍師です。荀と言う姓からも窺えますが、荀子の末裔でした。 ウィキにも詳しく記述されていますね↓ http://ja.wikipedia.org/…

三国志 龐統 見かけは?な天下の奇才≪three kingdoms-58~70≫

「龐統」(ほうとう)については、私も実は良くは知らなかったのですが、この新三国ですっかりファンになりました。 三国志の武将や軍師は外見の優れた人たちが多く出てくるのですが、「龐統」は違います。 新三国の龐統はこんな感じです。(結構ブサイクで…

三国志 馬超 エキゾチック?な虎将 ≪three kingdoms-61~67≫

久しぶりに三国志の話題です。 三国志の記事は資料を参照したり、個人的にも気合が要るので、書くのにも少し時間が掛かります。 その分、アップの間隔が空いてしまいますね…(;_;) 今は、ドラマを第79集まで視ていて、劉備は蜀の初代皇帝となっています。 諸…

三国志 曹操の跡継ぎ ≪three kingdoms-59~60≫

三国志は現在第70集視聴中です。 さて、曹操も赤壁の大敗後、許昌に戻り内政に専念しています。 無税にしたり、貯蔵している食料を領民に分け与えたり、劉備よりも仁を以て政に臨んでいるように思えますね~。(-_-;) その成果も揚がり国力も充実し、かの有名…

三国志 周瑜の葬儀 ≪three kingdoms-58≫

現在三国志は第70集を観ており、もう直ぐ劉備が蜀を興すところです。 でも、ブログは少し振り返って、周瑜の葬儀です。 周瑜は若くして、吐血して亡くなりました。最後まで、諸葛亮の存在を恨みながら・・・ 肺結核か胃潰瘍か、現代だったら十分治る病気です…

三国志 「江南行」魯粛の漫画≪three kingdoms-38~57≫

高希希監督の「新三国」では 東呉の「魯粛(字は子敬)」が小気味良く描かれていて、私も「子敬」ファンになりました。 諸葛亮より先に「天下三分の計」を唱えたスケールの大きい人です。 ところで、私は昔から中国歴史好きでしたが、以前良いなあと思った「…

三国志 中国で大絶賛。参謀 魯粛≪three kingdoms-38~57≫

新三国、現在第59集を見ているところです。 三国志と言えば「赤壁の戦い」が有名ですが、赤壁後の三国志はまた奥が深い。 ちょうど米ソ冷戦時の外交戦略を見ているようです。 中国では1800年前からこんな外交戦略が実践されていて、また「兵法」として体…

三国志 日本語吹替えバージョン≪three kingdoms≫

Three Kingdomsの中国語バージョンは 53集まで来ています。 最近日本語吹き替えバージョンのDVDも購入したので、中国語のあやふやなところは、そちらで確認しています。 でも・・・・ 日本語バージョンかったるいですね・・・ 中国語バージョンは、4文…

三国志 裏の裏のウラ ≪three kingdoms-38~42≫

Three kingdoms は現在「51集」を視聴中ですが、もう少し「赤壁」のエピソードをアップします(^_^) 三国志は全編を通して「軍師」達の頭脳戦も魅力ですね~。 三国には、それぞれ素晴らしい軍師達がいます。 曹操には 「荀彧(じゅん いく)↓」 「司馬懿(し…