チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

2012-02-01から1ヶ月間の記事一覧

三国志 裏の裏のウラ ≪three kingdoms-38~42≫

Three kingdoms は現在「51集」を視聴中ですが、もう少し「赤壁」のエピソードをアップします(^_^) 三国志は全編を通して「軍師」達の頭脳戦も魅力ですね~。 三国には、それぞれ素晴らしい軍師達がいます。 曹操には 「荀彧(じゅん いく)↓」 「司馬懿(し…

大連市金州の焼き栗

うちの大連事務所は大連市 金州区にあります。 その近くには「新玛特」と言う大型ショッピングセンターがあります。 DHCも入っていて、高級~中級の間くらいの感じです。 その付近は昔ながらの小売店も残っており、中でも焼き栗が絶品。 秋は小さい栗で甘く…

杏仁な飲み物

大連出張から帰ってきました。 連は極寒!!マイナス1度が最高気温で、風もビュービュー。 ただ、部屋の中は暖房が行き届いていて、日本より暖かいくらいです。 ところで、大連でおいしい飲み物発見です! なんと杏仁パウダーが入った健康(?)飲料です。…

三国志 赤壁 周瑜の分析 ≪three kingdoms-38~42≫

「新三国」は第42集を視聴中です。 この回は、かの有名な「赤壁の戦い」火攻めの真っ最中!! 「スゴイ!!!」の一言です! ジョン・ウーの「レッドクリフ」も観ましたが、正直、こちらの方がずっと大迫力です。 スケールの大きさ、兵士の死闘のリアルさ…

三国志 諸葛亮 交渉の達人 ≪three kingdoms-38~40≫

高希希監督の「新三国」、今は41集まで来ています。赤壁の戦いは目前です! ジョン・ウー監督の「レッドクリフ」と比較すると、この「新三国」の方がよりリアリティが有り、説得力がありますね。 ジョン・ウー監督の映画は、活劇としてはすごく面白いけれ…

三国志 黄月英~諸葛亮の奥さん! ≪three kingdoms-37~38≫

「新三国」4月からBSのTBSでまた放送されます!感激!! さて、この「新三国」は中盤からは完全に孔明さんがヒーローです。 今まで私は、やたら諸葛亮に人気があるので、却って彼に興味がなかったのですが、やっぱり魅力的ですよね。 この方、頭が良いだけで…

三国志 諸葛亮の論破 ≪three kingdoms-37~38≫

ついに「赤壁の戦い」の前段階に入って来ました。 中盤まで観進んで感じるのは、三国志は戦記ものと言うだけでなく、至る所に中国の哲学、世界観みたいなものがちりばめられていることです。 最近はこの三国志から教えられる事が沢山あり、素晴らしい言葉に…

三国志 趙雲!長坂坡 ≪three kingdoms-36≫

三国志も36集まで進みました。 私はこの36集、帰宅途中の電車で見たのですが、あまりに面白く「あー」だの「やれー」だの、無意識のうちに声を出していたようで、隣のおじ様に睨まれました… 迷惑かけてすみません…・恕罪、恕罪。(お許しください、の意…

中国語との出会い-10

前回の続きです 社会人になり、フラれた私は俄然中国語に目覚めました。 毎日最低1時間は学習。 発音特訓の「10回読み」を毎日やります。 おかげで、どんどん面白くなって行きました。 物足らなくなった私は、スクールに通う事にしました。 どうせなら、徹…

中国語との出会い-9

前回からの続きです。 大学受験ですっかり中国語とは疎遠になり、仕事も外資系のOAメーカーに就職してしまった私は輪をかけて英語にドップリになりました。 仕事で使う言葉、資料、部署名、あらゆる所で英語、英語だったので、それだけでアップアップしてい…

三国志 八門金鎖の陣と徐庶≪three kingdoms-32~33≫

新三国、ついに中盤33集に入りました。 32~33集では、劉備は武力だけでは天下はとれない、戦略を練る軍師が必要である、と悟ります。 実際、劉備には関羽・張飛・趙雲の3武将がいますが、負けが続いており、劉備も齢50になっても劉表の世話になってい…

次のステップの為の2012年

最近は気象台の記録を更新するような大雪に見舞われています。 2011年から引き続き、2012年も穏やかな1年ではなさそうです。 私は最近ドラマの「三国志」を見ていますが、今日は素晴らしい言葉を聞きました。 朝の通勤途中だったのですが、ガ―ンと頭を打た…

中国語との出会い-8

寒いですね(^_^;) この冬一番の寒波がやって来ています。 私の住む地域は、温暖な気候ですが、さすがに雪マークが付いています☃ さて、久しぶりにこのテーマに帰って来ました。 前回は中学生の私のエピソードでした。 中学では、すっかり中国語を諦めていた…