人工股関節置換へ―さあ手術

手術当日。

私の手術は午後1時からです。麻酔の担当医が来て、麻酔の説明をされます。

水は10時までは飲んでも良いとのことだったので、飲んでしまったのですが、これが手術後に辛い状態になるとは夢にも思いませんでした。

できれば、水は飲まない方良いと思います。個人差が有るので、大丈夫な方もいらっしゃると思いますが。

 

午前中に看護師さんが来られて、手術セットと説明が有ります。

手術セットと言っても、弾性ストッキングと術着、紙ショーツだけなんですが…

 f:id:anprimus_andor:20190924135910j:plain

f:id:anprimus_andor:20190924135758j:plain

弾性ストッキングはうっ血防止の為に履くそうです。

ムレ防止だと思いますが、つま先の方が開いています。

(お見苦しい写真ですみません)

f:id:anprimus_andor:20190924135924j:plain

結構着圧が有り、心地よく締め付ける感じでした。術着を着たら点滴をし、ストレッチャーが迎えに来ます。

 

手術室に岩城先生が待っておられ「お願いします」とご挨拶。

直ぐに、麻酔担当の先生が「麻酔入れますね~」と 言葉が終わらないうちに意識が無くなりました…

 

目覚めたら手術は終わっていました。

岩城先生「無事終わりました。足の長さ揃えておきましたよ。かなり右が短かったですね」

私が「ありがとうございました。」と言う間にもストレッチャーで病室に運ばれます。

 

病室に着く頃、麻酔が完全に切れ結構な痛みが襲って来ました。

病室には担当の看護師さんが待っていて、痛いですか?と聞かれます。

痛いと答えると、痛み止めを打って下さいましたが、全然効かないので、一番強い痛み止めを注射して貰います。

 

その後が大変でした。

麻酔の後遺症で、激しい嘔吐が来ました。事前に説明は受けていましたが、これほどキツイとは…。

 

私は手術前に水を飲んでいたので、自分の意思に関わりなく、水が吐き出されます。

仰向けのままで、更に酸素マスク?の様なものを付けていたので、嘔吐した水が自分の顔全面に掛かります。(噴水みたいな感じでしょうか)

家族がビックリして、顔を拭いてくれましたが、結局飲んだ水を出しきるまで続きました。

これが今回の手術で一番辛かったです。

 

嘔吐が落ち着くと、今度は喉がカラカラに乾きます。術後半日は飲まず食わずで過ごすので、看護師さんに訴えても、一滴も水は飲めません。

麻酔が醒めない方が余程楽ですね。

痛み止めの効果なのか、眠りに落ち、やっと楽になりました。

 

手術そのものより、麻酔の後遺症が辛い手術でした。

 

次の日から早速歩く練習です(^.^)

 

人工股関節置換へ―入院初日

入院初日。

キャスターに荷物を詰めて、一人で病院に来ました。

家族は手術日に付き添ってくれるらしいです。

私はこれしきの手術、一人で十分と思いましたが、ありがたい事ですね。

 

受付で入院保障金5万円を支払い、領収書を受け取ります。

これは退院時に差し引きされますが、領収書が無いといけないので、無くさないように注意です。

 

私の部屋は3階でナースステーションに近い部屋でした。

小さい洗面台が有り、ドライヤーも完備。

テレビ台の下は冷蔵庫と貴重品入れが有ります。

小さなソファと机も有り、なかなか良さそう。

写真には写っていませんが、手前にクローゼットが有り、下着や洋服を収納できるようになっています。

もちろんエアコン付きです。(エアコンのリモコンは有りませんでした…)

ベージュのカーテンの後ろは窓です。

f:id:anprimus_andor:20190924131451j:plain

ちなみにこちら側の部屋の方が暑くないそうです。

もう一方の部屋は西日がきつくて、劇暑だそう。ラッキーでした~

フロアは男女の区別が有りません。トイレも男女共有でした。

この手術は圧倒的に女性が多く、トイレは却って男性の方がお気の毒な感じでした。

 

担当の看護師さんが来て、入院サポートシステム一式を持ってきてくれました。

婦長さんも来られて、これからの説明をして下さいます。

次の日が手術で、退院の予定も決めます。

私は一刻も早く退院したいので、術後10日と目標を決めました。

普通は14日らしく、婦長さんにはかなり反対されましたが、絶対に退院すると宣言して、リハビリを頑張る事にします。

最短は1週間だそうです。すごいですね。

 

今日は他にする事もなく、お風呂に入って部屋でゆっくりするだけです。

明日は手術ですが、暢気なもので緊張も無く、アマゾンprimeの映画を視て過ごしました。

 

 

人工股関節置換へ―入院準備

最初の血液検査とCTが終わり、内科医の検診を受けます。

血中脂肪が多かったので、入院中の食事は脂肪の少ないものにして頂きました。

(入院中、本当に体重が増えませんでした。入院ダイエット?)

 

2回目のMRIは、受けた事が有る方はお分かりかと思いますが、洞穴の様な所に入り、周りからはガーガーと大きな音がする上、30分間仰向けのまま動く事ができません。

私は音より、30分間姿勢キープが厳しかったです。

終わった後、腰が完全に固まっていました。うぐぐ…。

 

MRIを終え、入院準備の説明を受けます。

こちらの入院期間は、股関節の場合、術後2週間が目安でした。

 

いわき病院の入院準備について、項目ごとにまとめてみました。

(他の病院では違うかもしれませんので、あくまで御参考に)

 

【書類に保証人の署名を貰う】

保証人のサインが必要な書類は5~6枚有ります。

入院時提出します。

f:id:anprimus_andor:20190909192233j:plain

 県立病院などは保証人が2名必要ですが、いわき病院は1名だけで助かりました。

 

【入院初日に払う費用】

入院補償金。健康保険加入者は5万円でした。こちらは現金のみ。クレジットカードは不可です。

 

人工股関節置換手術は200万を超える高額手術ですので、高額治療費に認定されています。

後日還付されるとは言え、一時的でも3割立替は大変です。

「健康保険限度額適用認定」を取り寄せ、入院初日迄に提出すると費用立替が有りません。

申込書は ネットからダウンロードできます。

健康保険限度額適用認定申請書 | 申請書のご案内 | 全国健康保険協会

 マイナンバーのコピーを貼り付けて申請します。

f:id:anprimus_andor:20190909192415j:plain

 

【入院サポートシステム】

こちらでは入院サポートシステムが有り、申し込めば次のものは持っていかなくて大丈夫です。

費用は下記のセットで1日270円ですので、総額は270円×入院日数になります。

・パジャマ(毎日着替えられます)

・バスタオル、フェイスタオル(こちらも毎日取り換え可能)

ティッシュ

・お箸、スプーン、フォーク

・歯ブラシ、歯磨き粉

・コップ

・ヘアブラシ

・手術着

 

私はサポートシステムを申し込みましたので、入院時の持ち込み品は、こんな感じでした。

・下着、靴下 4~5日分 毎日洗濯はできないので。

・洗剤 洗濯機が有りますので、自分で洗濯するなら必要。

・カーディガンなど羽織りもの

・スリッパ(部屋の中で履くもの)

・履きなれた靴(リハビリに使うので必須)  

靴紐のものは術後履くのが大変だと思います。スリッポンタイプがおすすめ。

・化粧水やハンドクリーム

・シャンプーやボディソープ

・ハンドタオル

・雑誌、本、筆記用具

・杖(リハビリにも使います)

・ウェットティシュ(役に立ちます)

・人によってマジックハンドのようなもの

(私は持って行きませんでしたが、術後2日くらいは 下に落ちたものを拾うのが辛かったです)

・イヤホン

スマホ

wifiルーター この病院にはWifiは有りませんので、人によっては必要です。

・ビニールバッグ お風呂に行く時などに必要です。

 

【入院費用】

「入院案内」を貰ったら、良く読んでおく方が良いと思います。

この中に色々な注意事項や大部屋料金、個室料金、入院費用等が書かれています。

こちらにも記載が有ります↓

入院される方へ | 中之島いわき病院 人工関節手術 整形外科 大阪市福島区

f:id:anprimus_andor:20190909192345j:plain

(入院案内には「早く治す病院を目指す」と書かれていて、この病院にした決め手の一つでした。)

 

入院費用は医療内容、入院期間や大部屋・個室により変わり、私の場合は退院時の一括精算でした。

 

手術前に弾性ストッキングを着用しますので、こちらは3000円くらい必要です。(どこにも書いていないのですが)

 

個室は贅沢かもしれませんが、私は両親の入院に何度も立ち合った経験上、入院が長い時は個室の方が良いとの実感から、個室にしました。

大部屋ではエアコンの温度設定を始め、他の患者さんのイビキ、消灯後の個人ベッドから漏れる明かりや音で不眠になり、治るものも治らないからです。

(今回の入院中 イビキ問題で部屋を替わった方がいました)

この病院の個室は比較的お安く、テレビカードは室料に含まれ、私の県民共済で十分カバーできそうでした。

(他の病院では、テレビカードは別料金のパターンが多いです)

 

私の場合、個室使用12日間の入院で、総額22万くらいでしたが、後日県民共済で全額カバーできました。

こちらはクレジットカード払い可能です。マイルも貯まるし。

 

入院前キレイにしておきたいと思われるかもしれませんが、ネイルやマニキュアは禁止です。もちろん喫煙も全面的に不可。

 

さて準備が整ったら、いよいよ入院です。

 

続きは次回へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人工股関節置換へ―初診から入院までの検査

申し込みから1ヶ月後の初診の日。

今までのCTデータやお薬手帳を持参します。

レントゲン撮影後、院長の岩城先生に診て頂きました。

先生の紹介はこちらです↓

診療科紹介 | 中之島いわき病院 人工関節手術 整形外科 大阪市福島区

レントゲンの結果で一言。

「軟骨無くなってますよ。足の長さ違うでしょ。」

やはり…。思い当たる事ばかり…。

痛かったのは、潤滑油の軟骨が無くなっていたからか…。

足の長さは昔から違うけれど、最近酷くなってきて、スカートの前後が変わるほど回るんですよね…。

 

先生「人工股関節に入れ替えれば、痛みも無くなるし、脚の長さも揃いますよ。」

え~足の長さが揃うですって?!

どの様に調整するのか分からないのですが、人工股関節で足の長さを変えられるそうです。

膝下は変えずに、太腿の長さを変えるみたいです…。

(私は4cmくらい右が短かったそうです…。これは結構酷い様ですよ)

 f:id:anprimus_andor:20190909172915j:plain

手術は2時間くらいで、麻酔で寝ているうちに終わるとの事。

 

完治すれば、柔道など格闘技や激しくぶつかる競技以外は何でもできるそうです。

スキー、テニス、ゴルフは問題無し。自転車も大丈夫だそうです。

 

私は出張で飛行機を多用するのですが、日本とアメリカは大丈夫、中国は乗ってみないと分からないとの事。

人工股関節手術の英文証明書(有料)は発行して貰えるそうで、ボディチェック時にそれを見せれば問題ないそうです。

後日国内で何度も飛行機に乗りましたが、金属探知機は全く反応しませんでした。

さすが日本ですね~。

 

私は「手術受けます!」と即答しました。

2ヶ月後に手術と決まり、気持ちがとてもスッキリしました。

やっと痛みから解放される…。

手術が怖くて悩まれる方が多いとお聞きしましたが、私は全く逆でルンルンでした。

痛みで行動が制約される方が嫌なので。

 

看護師さんより、手術までの検査について説明を頂きました。

・血液検査とCT検査

MRI検査

・虫歯治療

・自分の杖購入

 

CTとMRIは同日に受けられないので、2回は病院に来る事になります。

2回目来院の際、入院の説明等が有るようです。

また虫歯から菌感染の可能性があるので、完治させて欲しいとの事でした。(私は虫歯は無いので大丈夫でした)

 

杖は AMAZONで一番お安い(3000円台)購入しました。

実際使用して、このレベルで十分でした。

 

説明時この様な冊子を頂きました。

f:id:anprimus_andor:20190909181822j:plain

 

続きは次回に。

 

 

 

人工股関節置換へ―股関節の情報集めと病院探し。

さて劉鍼灸院で股関節手術と言われた私。

驚きで絶句でしたが、生まれつき股関節亜脱臼でしたので、とても納得できました。

f:id:anprimus_andor:20190909133404j:plain

手術しよう。でも…。どんな手術?

病院はどこが良いのだろう…。

 

先ずは股関節の事を知ろうと 見つけたのが、以下のサイトです。

股関節の病気と治療、人工股関節手術 | 人工関節センター - 大阪急性期・総合医療センター 

人工股関節について|人工関節ドットコム

手術には自分の骨を温存する骨切りと人工股関節に丸ごと入れ替える、2種類有る事が分かりました。

どうも骨切りは若い方に向いているようです。

人工股関節の耐用年数は20~30年くらい有る様なので、私はこちらでも良いかな、と思いました。

 

こちらのサイトは体験談も沢山掲載されていて、参考にもなり励みにもなりました。

人工骨頭置換術(Bipolar Hip Arthroplasty:BHA)|関節とは | 人工関節と関節痛の情報サイト 【関節が痛い.com】

患者さんの声|人工関節の広場 -もう一度歩いて行きたい場所がある-

体験談も多く読みましたが、気になったのは術後の復帰時間です。

私は仕事をしているので、復帰に数カ月かかるのは困ります。

何とか手術が上手で、早く復帰させてくれる病院はないものか…。

私は大阪に絞って探しましたが、労災病院に実績が多いらしいのです。

でも、この様な病院は紹介状が無いと診てもらえず、もう一度坐骨神経痛と診断した整形外科に行くのも嫌です。

 

またまたネットで探し、探しあてたのがこの病院でした。

院長の岩城先生は労災病院にも勤務されていました。

中之島いわき病院 人工関節手術 整形外科 大阪市福島区

口コミも良さそう…

【口コミ3件掲載】中之島いわき病院 - 大阪市福島区|エストドック

で、この病院の診察を受けようと直ぐに電話しましたが…

どうもこの病院の院長先生はこの業界?で大変有名な方の様で、診察まで1ヶ月待ち、と言われました。

でも、ここまで来たら1ヶ月待とう、とこの病院に決めたのです。

 待ちに待った1ヶ月が過ぎ、診察を受ける事に。

次回に続きます。

 

 

人工股関節置換へ―脛の激痛から始まった。股関節が原因だったとは・・・

ブログをずっとお休みしていたのですが、実は去年から右足の状態が良くなかったのです。

まさか人工股関節を入れる事になるとは、思っても見ませんでした。

折角の経験なので、同じ症状の方への参考になれば、と記事にする事にしました。

f:id:anprimus_andor:20190909133404j:plain

 

私は生まれつき右股関節亜脱臼が有り、両親は0歳の頃にギブスなどで治してくれました。

そこから数十年以上この右足は何の問題もなく、活発に過ごして来たのですが、去年の秋、突然右の脛に激痛が走る様になりました。

特に激しい運動をした訳でもなく、テレビを見ながら寛いでいる時、突然刺される様な痛みが走るのです。

この痛みが頻繁に起こる様になり、湿布薬や鎮痛剤無しでは歩く事も辛くなって来ました。

 

当時股関節が再発しているとは思いもよらず、接骨院にせっせと通っておりました。

治るはずもなく、整形外科にも通いCTも撮りましたが、坐骨神経痛と判断され、腰痛ベルト等も装着するも全く良くならず…

 

最後の頼みで劉鍼灸院に駆け込みました。

f:id:anprimus_andor:20190909131431j:plain

妹がここで痛くて堪らなかった肩が良くなり、腕も上がる様になったのです。

劉先生は大阪市旭区新森5丁目で開業されています。

HPも無いので紹介のみです。

劉先生は 中国の漢方治療の大学を首席で卒業された優秀な鍼灸師(もちろん日本の資格もお持ちです)ですが、大阪弁バリバリの気さくな中国人女性です(^.^)

劉先生は私の症状を聞かれた後、靴下を履くの難くない?と質問されました。

いや、ズバリその通りだったのです。

すると、劉先生、「股関節やね。これは針ではアカンわ。手術やわ。」

私はビックリして絶句…まさか股関節の手術とは…。

次回に続きます。

 

ブログ引っ越し完了しました!

Yahooブログが今年で閉鎖されるとのことで、はてなブログ様に引っ越し致しました。

文章移動は一瞬で終わり、画像もほぼ完了しました。

リンクから引用した画像は、リンクだけが表示されるようです。

作業前は躊躇していたのですが、楽すぎて良い意味で肩透かしに有った気分です。

今後とも宜しくお願い致します!