次のステップの為の2012年

最近は気象台の記録を更新するような大雪に見舞われています。
 
2011年から引き続き、2012年も穏やかな1年ではなさそうです。
 
私は最近ドラマの「三国志」を見ていますが、今日は素晴らしい言葉を聞きました。
朝の通勤途中だったのですが、ガ―ンと頭を打たれるような、目からウロコが落ちたような衝撃と心地よさを感じました。
 
諸葛亮の弟子 幼常が言っていた言葉です。
 
「乱世も必然、治世も必然。乱世と治世は相関にある。」
 
今はまさに乱世なのかもしれません。
日本も中国も乱世には国は乱れ混乱が起こりますが、必ず新しい考え方を持った人達が多数出てきて、次第に時代が治まってきます。
 
2012年は きっと次の時代の為の変革の時なのだと思います。
 
乱れた後には バージョンアップした未来が待っています。
2012年は人一人踏ん張りどころかもしれません。私も、ウカウカしてられません!