チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

大連九州飯店がリニューアル

今日から大連に入っています。

寒さを覚悟して気合を入れていきましたが、空港で肩透かしを食らいました。

全く寒く有りません!(私はダウンジャケットを着ているのに・・・。暑いです)

日本も今日から数日間暖かいようですが ここ大連も冬とは思えない気候です。

さて、今回は市内のラマダホテルに宿泊します。(4ツ星)

ここは 初めて大連に来たときに泊まった思い入れのあるホテルです。(あれから既に10年が過ぎましたが・・・)

昔は ホリデーイン大連と言う屋号でした。

その頃は フォルクスワーゲン(中国名は大衆)のドイツ人中国GMが ホテル内マンションに住んでおられて、たまにビジネスセンターでお見かけしていました。(昔話は年取った証拠!)

ホリデーイン時代は 私の友人が営業マネージャーをしており、そのよしみもあって良く泊めて頂いたものです。その友人によると、このホテルはシンガポール人がオーナーらしいです。

ホリデーインからラマダに変更になったとき、ホリデーイン採用の人員は一旦全員解雇になったそうです。
その為私の友人もこのホテルを離れることになり、それにつれて、私の足も遠退いていました。

そのラマダホテルが改装を完了し、近々5つ星を申請するらしい、と言うので久しぶりに宿泊しました。

以前に比べ、フロントはかなり高級感が出ており、部屋の内装も悪くありません。バスルームにも手を加えており、良い感じになりました。
イメージ 1

ドアマンも日本語で挨拶してくれ、ポーターさんも 日本語で室内説明をしてくれます。

(う~ん。なかなか良いやん!)

と 思っていた矢先。部屋でちょっと仕事をしようかな、とPCをオンしたとたんに上階の工事の爆音が鳴り響きました。

フロントに苦情を入れたところ、直ぐに部屋を変えてくれました。対応はすごく良かったのですが、できたら 最初に部屋割りを考えて頂きたかったものです。

5ツ星まで、あと一息ですね。

人の振り見て わがフリ直せ!です。
ウチも肝心なところを抜かないように 気を引き締めないといけませんね!