チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

大連地下鉄 2号線試運転開始

台風の接近、心配ですね。

ところで、最近大連に行かなかった間に、何と一部の地下鉄が試運転を開始していたみたいです!

1号線と2号線が有るのですが、先に開通したのは2号線で、5月22日に試運転を実施した模様です。

中国語ですが、「大連天健ネット」にその記事がアップされていました。
イメージ 1

2号線は大連市内を走る線で、飛行場も通るようですね。
見難いですが、赤四角で囲んだ駅が飛行場です。
machigotopub.com/pdf/dalianmetro.pdf より転載。
イメージ 2
確かにこの地下鉄を使えば、上海みたいに市内まで行けそうです。
よく宿泊するホテルだと、中山広場駅、友好広場駅、青泥洼橋辺りで降りれば近い様にも思います。

開通時、前述の大連天健ネットにアップされた写真をご紹介します。

どうも、身体検査みたいなのが有ったようですね。
係員が乗客にボディタッチしています。(飛行機みたい)
係員も大勢で厳戒態勢です。
イメージ 3

香港の地下鉄に雰囲気が似ていますね。
イメージ 4

でもですよ、大連には「軽軌」と言うモノレールが走っているのです。
この路線との連携はどうなっているのでしょう?

最近大連に行っていないので確認は出来ていませんが、何となく連携が無い様な気がします。

と言うのは、モノレールは「薄熙来」さんの肝煎りで始まった事業で、地下鉄は現市長の関係筋になるからです。

薄さん時代、日本の地質学者団を招いて地質調査をした結果、大連は海辺で地質が緩い為、地下鉄に向かないと結論が出て、地上のモノレール建設になったのです。

しかし、現市長になってから地下鉄論が再燃し、関連建設会社が施工したとの噂です。

地下鉄論がでて、既に約6年位になります…。
色々な場所を掘ったようですが、途中で良くない事が分かって断念し、何度も路線位置を変更したようです。

あくまでも噂なので、本当のところは分かりませんが…。

個人的には、地下鉄は大変便利だと思いますが、1年位して正常に動く事が確認されてから乗りたいと思います。

薄さんの肩を持つ訳ではないですが、何となく不気味なものも感じてはいます・・