チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

大連の美味しくてハイグレードなパン屋さん

f:id:anprimus_andor:20210920211308j:plain


先週は大連に滞在しておりました。

大連=涼しいと思っていましたが、全く間違っていました。
湿度を含んだ重くて暑い空気が漂っており、立っているだけでジワっと汗ばんできます。
長袖の洋服も持ってきていましたが、全く必要ありませんでした。
暑くてもカラッとしていたのですが、こちらも気候変動なのでしょうか・・・

今回もホテルは九州酒店で地下鉄2号線の友好広場駅前です。

初日は接待も無く、晩御飯レストラン探しと散歩を兼ねて、中山広場を超えて人民路のシャングリラホテルまで歩きました。(結構な距離です・・ふう~)

イメージ 1

その途中でとてもオシャレでパンも良さそうなパン屋さんを見つけました!
「VENDOME」さんです!
(地図の赤いマークのところです。人民路天天漁港の近く。)

(以下の画像は全て大連「大衆点評」より転載。)

入口はモノトーンのショウケース。床は黒・白・グレーのモザイクタイルです。
天井にはシャンデリア。

イメージ 3

パンの陳列も木のスノコに並べられ、トングとトレーで取る様になっています。
(日本と全く同じです)

イメージ 4

カップケーキやクッキーも有ります。

イメージ 5

今まで私が知っている大連のパン屋さんとは一線を画す感じです。

パン自体も凝っていて、小麦粉は「日本製」のみ。ドライフルーツを焼き込んだパンや、食パン、チョコをマーブル状に練り込んだものなど、日本と全く同じ。

中国のパンは脂っぽくて、表面もコテコテ油が塗ってあるものが多く、持つと指に油が付きますが、こちらはデニッシュ以外そんな事もなさそうです。

私が購入したのは、イチジクパンとヨーグルトです。

イメージ 6

イチジクパンは大きなドライフルーツが入っていて、とても美味しかったです。

また、このヨーグルトが絶品でした。
濃厚でクリ―ミー。このヨーグルトにも「VENDOME」のシールが貼ってありましたが、裏をみると「大連心楽乳業」さんが製造していました。

イメージ 7

原材料は牛乳と白砂糖のみです。消費期限は7日間。

製造元の大連心楽乳業は 心楽生活のグループでしっかりした企業の様ですね。
イメージ 8

最近、中国は品質への拘りが高まって来ていますが、こんなハイグレードなパン屋さんが上海ではなく 大連にできた事に驚きました。

消費者が成熟して来た証拠で、その波は大連にもきているのでしょう。

次回大連に来た時も ぜひ寄りたいと思います。

日本からのお土産も、品質の良いものを持っていかないと、大連市民に笑われますね。