チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

ジャパニーズアニメ その2

前回の続きです。

今や 「ジャパニーズアニメ」 は世界中に広がり、「オタク」 は世界語になっています。

個人的見解ですが、この現象は いろいろな意味で日本に 大いに追い風になってくるだろうと考えています。

ジャパニーズアニメは 元々日本の子供たちの為に造られたもので、原案者は日本人ですよね。

と言うことは、このアニメのストーリーに表現される 「泣き・笑い・怒りの感情のツボ」は 日本的なものになってきます。

さて、アニメをよく観る年代は やはり7歳前後から 10歳代の子供たちが多いようです。
アメリカに住んでいた頃、日本の ポケモン」「ゴレンジャー」 を観ていたのは アメリカの子供たちでした。

子供の頃にこのようなジャパニーズアニメを観ていると、100%とは 言えませんが、ある程度日本的感情のツボを共有することになります。

(逆に言えば この現象を恐れて日本アニメを締め出している国も有りますが・・・)

感情のツボが似ている=価値観が近い と言うことになりますよね。

この後は また次回へ。