チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

人工股関節置換へ―入院初日

入院初日。

キャスターに荷物を詰めて、一人で病院に来ました。

家族は手術日に付き添ってくれるらしいです。

私はこれしきの手術、一人で十分と思いましたが、ありがたい事ですね。

 

受付で入院保障金5万円を支払い、領収書を受け取ります。

これは退院時に差し引きされますが、領収書が無いといけないので、無くさないように注意です。

 

私の部屋は3階でナースステーションに近い部屋でした。

f:id:anprimus_andor:20200125030444j:plain

小さい洗面台が有り、ドライヤーも完備。

テレビ台の下は冷蔵庫と貴重品入れが有ります。

小さなソファと机も有り、なかなか良さそう。

写真には写っていませんが、手前にクローゼットが有り、下着や洋服を収納できるようになっています。

もちろんエアコン付きです。(エアコンのリモコンは有りませんでした…)

ベージュのカーテンの後ろは窓です

 

ちなみにこちら側の部屋の方が暑くないそうです。

もう一方の部屋は西日がきつくて、劇暑だそう。ラッキーでした~

フロアは男女の区別が有りません。トイレも男女共有でした。

この手術は圧倒的に女性が多く、トイレは却って男性の方がお気の毒な感じでした。

 

担当の看護師さんが来て、入院サポートシステム一式を持ってきてくれました。

婦長さんも来られて、これからの説明をして下さいます。

 

次の日が手術で、退院の予定も決めます。

私は一刻も早く退院したいので、術後10日と目標を決めました。

普通は14日らしく、婦長さんにはかなり反対されましたが、絶対に退院すると宣言して、リハビリを頑張る事にします。

最短は1週間だそうです。すごいですね。

 

今日は他にする事もなく、お風呂に入って部屋でゆっくりするだけです。

明日は手術ですが、暢気なもので緊張も無く、アマゾンprimeの映画を視て過ごしました。