チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

スリランカ コロンボ滞在

ブログは1ヶ月ぶりです!
時間が経つのは早いものですね~。

でも、単にダラダラしていた訳ではありませんよ~。(^^)d
今回のタイトルにも有るように、南アジアのスリランカコロンボに滞在していました。

スリランカは以前セイロンと呼ばれていた、インドに近い島国です。
セイロンティーは有名ですね~。
今は、アーユルベーダでも人気の国です。

関西を出発した日、小雪が舞っていましたが、コロンボは30度超え!
20度以上の寒暖差が有りました(^o^;)

コロンボへは何パターンか行き方があり、今回は香港トランジットのキャセイで行って来ました。

香港待ち時間は約5時間。
仕事のメールをチェックしても、時間はたっぷり残っています。

で、Plaza premiumラウンジでマッサージを受ける事にしました

イメージ 1



マッサージ師の女性には英語が通じず、片言の中国語が話せる様で、コミュニケーションは大変でしたが、マッサージの腕は抜群でした

お陰様で足がスッキリしました(^-^)

後は食事でやり過ごし、香港~コロンボ便にやっと搭乗です。

夜中着なので、あらかじめ予約しておいたタクシーでホテルへ向かいました。

今回は、シナモン・レッド・コロンボに宿泊しました。

イメージ 2


4つ星のビジネスホテルで、シンプルですがとても清潔で、wifiも無料だし出張で使うには申し分ありません。

イメージ 3



角部屋だったので、二方が開けていて、気持ち良かったです。

イメージ 4



コロンボは緑豊富なキレイな街ですね。

イメージ 5



ここを拠点に、毎日遠方まで出掛けました。
運転士さん、お疲れ様でしたm(__)m

コロンボは鉄道が殆どなく、車移動しかないのですが、道が余りにも混んでいて、時間が読みにくいのが難点ですね。

最終日はコロンボのど真ん中、世界貿易センターでミーティングでした。

イメージ 6



イメージ 7



毎日郊外へ出掛けていましたので、このビルは物凄く都会な感じでした。
オフィスもとても近代的でした。

スリランカは二回目です。

今回は、前回より少し踏み込めた気がします。

スリランカは仏教だけでなく、イスラム教徒もいらっしゃり、上手く折り合いを着けておられる様です。

とは言え、仏教徒が圧倒的に多く、コロンボの様な都会でも寺院から読経の声が聞こえます。

ただ、日本の読経とは全く違い、何か歌の様な感じでした。

満月の夜は、お酒と肉食はしないそうです。

日本より熱心に仏教の戒律?を守っておられる様でした。

言語はシンハラ語タミール語、英語が使われ、ニュースは英語が多かった気がします。

何とか今後に繋がれば良いのですが、なかなか難しい面もあり、今後も研究が必要です。(^^)

でも個人的には、とても好きな国です。
旅行でも 是非滞在したいと思います(^^)