チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

中国ドラマ「結婚しようよ」-3

四国での大雨被害に、心よりお見舞い申し上げます。
最近の台風は大型化していて、本当に怖いですね。
 
さて、中国ドラマ「結婚しようよ」の続きです。
 
夫婦になった「楊桃」と「果然」の二人ですが、今度は親達から「子どもを産め!」圧力が!
この圧力も半端無い感じで、お姑さん達は排卵日までチェックしています。(え~!)
イメージ 1
で、そのタイミングで頑張れと、いわゆる「精のつく食べ物」も強制的に食べさせられます。(怖―いお姑達)
 
ちょうどその頃、桃子(桃さんの呼び名。何だか日本風?)に、仕事で大きなチャンスが来ます。
元々彼女はウェディングドレスのデザインが好きで、自分でデザイン画を描いていました。
そのデザインを会社主催のコンテストに出品したところ、見事優勝。
パリのデザインスクールでの研修生に選出されます。
 
一方旦那の果然にも、仕事のチャンスが!
彼は 本当は野生動物を撮影する写真家になりたかったのです。
写真コンクールでも何度も優勝しており、今乗っている車もその賞金で買ったほどの腕前。
 
桃子は果然に内緒で 「環球地理」(ナショナル ジオグラフィックでしょうね)の写真家募集に応募します。
すると、見事選抜され面接に来て欲しいと連絡が入ります。
 
二人とも降って湧いた大きなチャンスを逃したくないので、子供を産むか仕事を取るかで悩みます。
イメージ 2
桃子の場合、パリに行くのは来年になるので、行く前に産んで親に預ければ両方とも上手く行くと、頑張る事にします。
その為に 果然はお酒を止め精進する事に(涙ぐましい努力ですね)
 
果然は「環球地理」の面接に行きますが、何と中国代表は昔同棲していた彼女「広美」だったのです。
イメージ 3
果然は物凄く彼女が好きだったのですが、広美はアッサリ彼を捨ててアメリカに渡り、アメリカ人と結婚してしまいます。離婚後、「環球地理」中国代表として北京に戻って来た訳です。
 
この後、果然とヨリを戻そうと果然にアタックし、携帯メールなんかを桃子に見られ、桃子は出て行ってしまいます。(この辺、極端だな~。出て行ったら子供も作れないのにね)
 
桃子と果然がバタバタしている間、桃子の親友「未未」が妊娠します。
イメージ 5
 
未未の母親「彩平」と桃子の母親「素梅」は若い時からライバルで、悉く張り合っています。
娘の結婚、どちらが先に子供を産むかでも ずっと張り合っていて、それを知っている桃子は、ちょっと焦ります。(中国の女性は本当に大変ですよね)
 
 (恐母3人。左は果然、真中は未未、右は桃子の母親)
イメージ 4
ところで、桃子も未未もまだ結婚式を挙げておらず、結婚式を巡ってまた二人の母親のバトルが!
 
豪華な結婚式場はとても人気で、空きは1日しかなく、結局2組が同時に式を挙げる事になります。
 
2組一緒の結婚式って、ちょっとどうなのかな~
花嫁さんが二人で、お互いスゴイ美女だったら良いですけど、どちらかが残念な感じだと、引き立て役みたいで嫌ですよね~。
イメージ 7
 
また、このドラマでは花嫁さんは純白のドレスなんですが、私が以前参加した式では「真紅」のドレスで式場の飾りつけも真っ赤でした。
イメージ 6
今は他の国の情報がドンドン入って来て、伝統的な感じより、外国風が受けているんでしょうか。
 
式は感動的な感じで進み、式の最中に桃子が妊娠している事が分かります。
イメージ 8
 
最後は皆ハッピーで終わるのですが、舅姑がこんなに干渉してきたら、孫さん達もきっと大変でしょうね!

それはそうと、悩んでいた仕事の事を書き忘れていましたね~。

果然は、環球地理の面接に合格しましたが、野生動物を撮影すると身の危険があるから、入社を止めました。
(それって、最初から分かってる事だよね… ~_~;)

桃子も産んでからパリに行ったら、子供の成長を見られないから、とパリ行は辞退しました。(これは理解できる)

果然さんは、桃子の収入に頼って行くのでしょうか。
中国で子育てするのは、半端なくお金掛かるのにね。
まあ、中国女性は稼ぐ人も多いから大丈夫ですかね。
何となく心配なお二人です。