チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

携帯メール絵文字

携帯メールは、今や老若男女問わず、日常の便利ツールとなりましたね。

文章だけだと、感情が伝わり難いので、顔文字や絵文字を使う事もしばしばあります。

顔文字、絵文字の中で気になっているのが、(-_-#)や『#』のマークです。

これはどんな感情を現すかお分かりでしょうか?

これは、『腹がたっている、怒っている』事を表しています。

『#』がキーだと思いますが、これが何故怒りになるんでしょう?

顔文字や絵文字と言う事は、使用者みんなの共通認識でないと間違った表現になってしまいます。

『#』がいつから怒りの象徴(アイコン)となったんでしょう?

私なりに考えた結果、多分漫画の影響ではないかと思っています。

カンカンに怒ると、こめかみの血管が浮き出す事がありますが、これを漫画でを描く時に、『#』の様な描き方をしたのではないか。
漫画作者の誰かが始めて、『これは便利』と漫画作者に広まり、読者も読むうちに、次第に慣らされて行ったのではないだろうか。

あくまで、これは私個人の推論です!

もし推論通りなら、漫画を読まなかった世代には通じないかもしれませんね。

世代別に顔文字、絵文字の認知調査をしても、面白い結果が出るかもしれませんね
(やってみたいです。マーケティングに役立ちそう)