チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

中国語との出会い-2

最初から中国語に興味を持っていた訳ではありません。

中国語を始める発端は、小学生の頃に出会った一冊の伝記でした。

私は親戚のお姉さんに、紫式部の伝記を貰ったのです。
(因みにお姉さんは高校生だったと思います。)

小学生が読むには、非常にシブイ本ですよね。

その頃の私は、祖父母の影響から『百人一首』がマイブームになっており
(これもシブイです(^-^;))、紫式部に対しても、違和感なく入って行く事ができました。

中の挿絵にも引き付けられ、私はその本を一気に読んでしまいました。

紫式部平安時代に生き、源氏物語を書いた事を知り、次は平安時代源氏物語に興味を持ち始めました。

なかなか中国と結び付きませんが、続きは次回に。