チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

ジョン・ウー

映画館ではレッドクリフ パート2を上演していますね!残念ながらまだ観ていません。
レッドクリフなんて呼ばれると不思議ですが、三国志赤壁の戦いですよね。

パート1はスタッフからDVDを借りて自宅で観ることができました。自宅のテレビは 画面が小さく、映画館の迫力画面と大音響で観たかったなあ、と後悔しきりです。

イメージ 1←ジョンウー監督らしい香港アクション系の画面で、ストーリーよりそちらに見惚れてしまいました。

実は、20年前に男たちの挽歌(英雄本色)」を観て以来、ジョンウー監督のファンなんですよね。イメージ 2
この男たちの挽歌には チョウ・ヨンファーが出ていて、最高にカッコ良かった!
(映画のテーマ曲もカッコ良かったです。)
香港マフィアのアクション映画でしたが、やっぱりガン・アクションが新鮮でした。
ちょっと雰囲気が仁義なき戦いにも似ていたりして・・・
(私は平和主義者です。念の為)
男たちの挽歌はシリーズ化しましたが、全部観ました。
どれもカッコ良かったけれど、やはり最初の作品がよかったかな。

余談ですが、その頃の友人は、チョウ・ヨンファーにどっぷりハマり、香港映画にハマり、広東語にハマり、香港へ留学し、ついに香港人の旦那さんをGETしてしまいました!!

ジョン・ウー監督はハリウッド進出後、大ヒット作「M:I-2 ミッション:インポッシブル2」を撮りましたね。
これも勿論観ましたが、完全に香港映画やなあ~と思いました。
ワイヤーアクションは有るし、観た方ならお分かりですが、トム・クルーズがピンチの時にガンを地面から蹴りあげて(だったかな?)手に取るところなど、香港映画そのもの。。
イメージ 3

それから、ジョンウーの映画には必ず鳥(鳩)が出てきます、これは何故なのかしら?
レッドクリフ パートⅠにも、鳩が出てきました。

何とか時間を作ってパート2は映画館で堪能します!