チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

ベトナム- ホーチミン 心地良い3つ★ホテル

今回は観光シーズンに突入していたため、4ツ星ホテルが取れず、3ツ星のメトロポール ホテルに滞在しました。
イメージ 1

このホテルは タンソンニャット空港より車で約30分弱でラッシュアワーはもっと時間が掛かります)、ホーチミン市内の中心部 チャンフンタオ通りに位置しています。
(私個人の見解ですが、チャンフンタオの「タオ」は 中国語の「道」ではないか、と思っています。読み方が一緒だし、意味も同じだから)

イメージ 2

観光市場で有名な ペンタイン市場にも近く、ドンコイ通りも車で5分くらいです。ドンコイ通りは オシャレなショップが立ち並ぶ、ショッピング&グルメのメインストリートです。「ZAKKA」(雑貨)って 名前のお店もありましたよ~。

ホテル周辺は ドンコイ通りの様な華やかさはありませんが、ビジネスで動くには便利なロケーションだと思います。
概観は ご立派!とは言い難いですが、こじんまりした造りです。ラグジュアリー ホテルがお好みの方には 合わないかもしれませんね。(私個人的にはOKです!)
今は3ツ星ですが、4ツ星の申請をしているそうですので、近々星4ツになるかもしれませんね。

ホテルのコンシェルジェ、レセプションスタッフは とてもフレンドリーで いつも笑顔で対応してくれました。中国の無愛想ホテルスタッフに慣れた私には とても新鮮でした!
両替もホテルでできます。両替の時も、中国では お金を渡す時に投げる人が多く、そこでまたムカッとするのですが、ここではキチンと手渡しでした。気持ち良いですね!

シングルは オンシーズンでもUS$90(朝食込み)で、価格もリーズナブル。
最近 客室はリニューアルされて、ゴージャスではないけれど、清潔で過ごし易い空間になっています。
イメージ 4

お部屋では、ウェルカムフルーツとベトナムのカラフルなお菓子が迎えてくれました。
イメージ 3

ところで、ビックリしたのは、ポテトチップス 「プリングルス」の味です。
「サワーオニオン」が置いてあったので、思わず頂いてしまったのですが(私の好物です)、これが日本とほぼ同じ味だったのです!
味覚が 国によってどう変わるか興味があるので、中国でも日本で見かけるお菓子は できるだけ食べるようにしています。中国の「プリングルス」は、日本とは味付けが違うんですね。
でも、ベトナムでは殆ど同じ。これにはビックリしました。味覚が近いのでしょうか?

それから、お水も2本までフリー。これを飲んでしまっても大丈夫。ホテルのすぐ隣に 「24」と言うコンビ二があり、文字通り24時間開いています。ここで、お水はもちろん、日用品の購入もできます。

仕事に重要なネット環境もGoodです。無線LANは使い放題。もちろんフリーです。(中国では4ツ星でも有料のところもある!)無線LANポート搭載でないPCにはキツイですけれど…。
イメージ 5

有線LANじゃなくっちゃ、と言う方は1階のビジネスセンターでつなぐ事ができます。ただ、こちらはオープンスペースでカウンターにも近いため、人の往来が烈しく、あんまり落ち着きません。

バスタブも清潔だったし、洗面所も今流行のデザインでした。
イメージ 6

ゴージャスホテルでなくっても 気持ちよく過ごしたい方には オススメのホテルです。
この続きは次回に!