チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

大連のレコード屋さん

西日本豪雨被災地の方々に、心よりお見舞い申し上げます。
まだまだ大変な状況は続いています。
マスコミには、大事なことを忘れず報道して頂きたいと思います。

さて、日本では最近アナログなレコードが見直されています。

20代の人でも、針を落として出る柔らかい音や、レコードジャケットに惹かれて、わざわざ購入する方がいるそうです。

こんな流行りは日本だけかと思っていたら、何と大連にもレコード屋さんが出来ていました!

イメージ 1


友好広場を少し過ぎたところです。

イメージ 2


イメージ 3


この辺はオシャレな中国茶のお店も有り、良い感じです。

お店の中には入らなかったのですが、このお店について 中国の人がネットに記事を投稿していました。

と言うことは、大連にもレコードコレクターがいらっしゃるのですね!

流行の時間差が本当に無くなってきましたね~。

ただ、この中国のコレクターは、終始このお店のレコードが本物かどうか気になっている様でした。

これは、中国ならではですね!