チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

大阪北部地震 困ったこと

イメージ 1

先日の大阪北部地震、被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

私は自宅で出勤直前でしたが、下から突き上げる様な音と揺れに、久しぶりに怖い思いをしました。

阪神大震災を経験し、もう大きな地震には遭わないだろうと高を括っていましたが、日本は侮れません。

日本中どこでも地震の可能性が有ることを、改めて思い知らされました。

実家はまさに北摂にあり、おまけに古い家なので、壁などに少しひび割れが出来たようです。

食器もかなり割れましたが、家族にケガは無かったので、軽度で済んだ方だと思います。

ただ、ガスは暫く使えなかったようです。

JR私鉄とも鉄道は全面的にストップし、余震(本震?)の恐れも有ったので、会社は即座に臨時休業に決めました。

でも、連絡しようにも電話は全く通じない!

一番通じ易かったのはショートメールでした。

阪神大震災の時も通信手段に困りましたが、あの時はまだ公衆電話がありました。

でも、今はほぼありません。

なのに、スマホも固定電話も回線がパンク状態だとどうしようもないです。
この点は、あまり教訓が活かされていない様に思います。

また鉄道が止まっているのに、空車のタクシーが使えなかったのです!

タクシー業界は、営業の縄張りがあり、大阪のタクシーは兵庫県では乗せられない、兵庫のタクシーは大阪では乗せられないルールが有ります。

お互いの利益を守る為に必要なんだと思いますが、被災した時までこのルールを守らないといけませんか?

多くの人が帰宅できないのに、兵庫県のタクシーは大阪で空車のまま素通りして行くのです!

このルールを守らないと、営業停止になるらしく、運転手さんには死活問題だから、彼らを責めることはできません。

でも国土交通省は何をやってるんでしょう。

直ぐに臨時対応のアナウンスをすれば良いだけなのに、何も対応しませんでした。

被災時でも、兵庫のタクシー運転手さんは申し訳ないと思いながらも、素通りで帰るしかないんです。

タクシーを待つ人達は本当に虚しい思いをされたと思います。

日本中地震のリスクだらけなのですから、現実に即した対応を切に願います。

それに比べて、ボランティアの方々には頭が下がります。

たくさんの善意を本当にありがとうございます!感謝しかありません。

政府はアカンけど、日本の人は本当に素晴らしいですね!