チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

わんこと有馬温泉

先週から今週にかけて、遅い夏休みを取っていました。
前半は実家に帰ったり、溜まった録画を視たりと、超ノンビリした休日を過ごしました。

後半はウチの最小家族、わんこの「くりお」と旅行に行って来ました。
とは言っても、移動に疲れない近場で、ワンコも同室宿泊できる場所に限られてきます。

有馬温泉」にワンコと泊まりで行けたらな~と思っていたのですが、偶然「一休」宿泊サイトで「有馬六彩」を見つけました。

イメージ 1

こちらは東急リゾートの会員制ホテルなので、会員(会費は500万円以上!)が宿泊できるのですが、この「一休.com」からはビジターで予約する事が出来ます。
(もちろん、会員になられたら、直接予約できますよ~!)

週末等は会員が優先予約になるので、平日に予約出来る様です。

有馬には珍しく、ホテル形式です。
なので、浴衣で廊下やロビーを歩けません。ちょっと有馬らしい風情が無いかな~。
(部屋から大浴場の往復だけ許される様です)

お部屋は、広々としたシックな洋室でした。
大きなL字ソファーでは、脚を伸ばしてゆったり寛げます。
イメージ 2

ツインベッドも大きめで、寝相が悪くても大丈夫そうですね。
照明も暗めで、落ち着けます。
イメージ 5

写真には写っていませんが、ミニキッチン、大きい冷蔵庫、電子レンジ、ポットも完備で、ちょっとした軽食等も戴けそうです。

奥にはワンコのスペースが確保されていて、食器が置かれペットシートも敷かれていました。
くりお、探索中です。
イメージ 3

床はコルクっぽいタイルで、ワンコも滑り難く、脚への負担もなさそうです。
イメージ 4

また、ワンコ専用のタオル、予備のシート、消臭スプレー、掃除機(!)等も揃っていて、万一ワンコが粗相しても、十分にリカバー出来るようになっています。

いや~、ここまでワンコ設備が揃っている宿は初めてです!感激!(^O^)/

防音もしっかりされている様で、お隣のワンコの吠える声など、殆ど聞こえませんでした。

旅館と違って、仲居さんの出入りが無いので、落ち着いて過ごせます。

このホテル専用のドッグラン?(かなり狭い)も直ぐに行けて、夜遅くでも安心です。
散歩から帰って来たら、入口には脚洗い場があり、お湯も出ます!
これなら冬でも良いですね~。

ホテル周辺は「寺田町」になり、神社仏閣も多く落ち着いた佇まいです。
イメージ 6
凝ったお店も多く観光客も少なめで、ワンコ連れでも安心して歩けます。

ただ、気になった点も少しありました。

先ずはエントランス。
ペット連れは一般客と隔離されていて、なんと駐車場を通って裏口から入るのです。
排ガスがムンムンして、高級感はゼロ。何これ~(@_@;)

後はお食事。
今回は、夜もバイキング形式の食事がパックになっていたのですが、正直に申し上げると、有馬の他の旅館と比べて、お話にならないレベルです。(ー_ー)

朝は仕方ないとして、夜はご自分でレストランに行かれる事をお勧めします。

とは言え、お部屋は清潔でとても過ごし易く、食事以外では大満足でした。

外で食事をする事にして、また次回訪れたいと思います。(^.^)
(但し、ビジターで。会員はどうかな…)