チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

中国で喜ばれるお土産

先週は大連・青島に出張していました。
 
大連の大きなトピックとしては、開発区の東芝テレビ工場が去年12月に閉鎖し、数千人の人が失業状態になったとの事、非常に打撃の様でした。
 
最近は政府間の関係は思わしくありませんが、民間、特にお商売の関係には全く影響がありません。
むしろ、他国より歓迎されている様に感じます。
 
さて、中国と言えば大気汚染。
出張中大連や青島の空気は良好な様でしたが、その前の週は酷かったらしくウチの中国スタッフも体調を崩したとのことでした。
 
私は日本から来た為か、良好な空気とは言え喉が痛くなりました。
大連で喉が痛くなるようだと、北京・上海では暮らせないかもしれません。
 
ちなみに今日の遼寧省の汚染指数です。
イメージ 1
数字が小さいほど良く、50以下は優良、51~100が良となります。
ですので、今日の遼寧省は概ね良い、と言う事ですね。
 
それに比べて 上海・北京は!
イメージ 2
日曜日は会社や工場がお休みで、比較的空気汚染はマシだと思いますが、やはり軽度汚染です。
ウィークデーのすごさが予想できますよね。
広州は大連位の程度のようです。
中国の方は、アモイ・青島の空気が良いと考えておられる様ですね。
 
今回の出張時、日本製の下げるマスクを持って行くと、とても喜んでもらえました。
イメージ 3
 
いくら室内に空気洗浄機を置いても、屋外ではどうしようも有りません。
特に子供達は外でも活動するので、親としては心配だと思います。
色んなメーカーのものが有り、これでPM2.5までカット出来ないかもしれませんが、少しはマシかもしれません。
 
これからの中国へのお土産は、お菓子よりこちらの方が実用的で良いかもしれませんね。