チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

龍馬伝

龍馬伝」、ハマっています。
 
大河ドラマ」に全く興味が無かった私でしたが、ここまでハマるとは・・・・
「大河」を見たのは、遥か昔、「独眼竜正宗」だけです後は、全く興味なし!でした。でも・・・
 
見始めたのは、「ハゲタカ」の演出(?)をしていた方が、このドラマを担当された事と、プログレッシブ・カメラの映像に興味が有った事、それから初めて人物デザインを取り入れた事、最後に「福山雅治さん」の龍馬ってどんなん?、が理由でした。
 
正直言って 第2部は少しダレました。武市瑞山の牢獄生活、長かったな・・・
 
しかし、第3部、毎回ジーンときています。すごくメッセージが有りますよね
(何で 視聴率良くないのかな??お姫さんとか出てこないから??)
 
見ていない方には、全く???な話題で申し訳ないのですが、語らせて頂きます。
 
先週の「霧島の誓い」で、龍馬さんが社中の皆を説得するところ、涙が出ました。
 
龍馬さんは 最終の目標を見据えているから、途中のルート変更は「志を曲げることにならない」のですが、社中のメンバーは方法論に拘っているから、違うように見えてしまいます。
 
そこまでたどり着くのに 龍馬さん自身が挫折感を味わい、自分の弱さと迷いを断ち切ったから(居合抜きのシーンで表現されていたと思います) 腹の据わった結論になったのでしょう。
 
腹の据わった人間はカッコいいですね~。
 
だんだん最終回に近づいて行くのが 悲しい。
 
しばらくは、ブログは龍馬伝になりそう・・・すみません。
ソフトバンクの孫さんもハマっているそうです。変な言い訳です)