チャイナなブログ ANDOR Kishimura

三国志など中国語のドラマや日常情報について綴ります

天神さん と 大阪締め

今日7月25日は「天神さん」(天神祭)の本宮です。天神祭は日本三大祭りの一つ。

 

天神さんの醍醐味は何と言っても「船渡御」と花火!

 

今日は天気が心配されていましたが、花火はきれいに上がっています!

 

「船渡御」は川に百隻以上の船が行きかい、大学や会社等で船をだしたりします。以前、SMAPがデビューしたての頃に、この「船渡御」の船に乗っていたんですよ!

 

「大阪締め」は「船渡御」の船がすれ違う時、それぞれの船で行われます。

 

「大阪締め」は手締めの一つ。大阪では 手締めと言わず、手打ちと言います。
手打ちは、物事のキリがついた時にしますよね。

 

手締めは各地で異なるようですが、今は江戸風の三本締めが多い様ですね。
(残念。何でも日本中同じでは、面白くないですね!各地の文化を大事にしてほしいです)

 

大阪締めとは、

 

「打ーちまひょ」 パンパン
「もひとつ、せ」 パンパン
「祝うて三度」 パパン パン

 

今も大阪証券取引所新年の大発会で行われています。
実際、大阪・中之島の米市場で契約成立の際に行われたのが最初だそうです。

 

曽祖母が96歳で亡くなったのが、この天神さん本宮の日でした。
祖母には「天神さんの頃が一番暑いんや。」と昔良く言われたものです。
天神さんには お祭り以外でも思い出深いものがあります。