大連日報 新型コロナウィルス肺炎

2月2日の大連日報トップは当然ながら、新型コロナウィルス肺炎です。

f:id:anprimus_andor:20200202145012j:image

記事見出しは

「外国政府及び指導者は、新型コロナウイルス肺炎に対する中国の戦いを 積極的に評価し支援する」で、続く詳細は

「ロシア、タイ、ネパール、チュニジアカメルーンコートジボワール等の大統領に支援と評価を貰っている」

ここに来て、まだそれですか……。

まあ、WHO さんもベタ誉めでしたけどね。

 

中央政府よりの指示で春節休暇が3日間延長され、2月2日まで休み3日から始業となりました。

弊社の大連事務所は元々その予定でしたので、特に変更はありません。

 

大連地区の縫製工場も3日から開始ですが、工員さんが殆ど戻れず、事務所スタッフのみ出勤できるようです。

事務職は大連周辺住まいの人が多く自宅から通勤できますが、工員さんは遠方からの方々が多いので、春節帰省した後国内のバスや列車がストップし、帰りたくても帰れないようです。

ですので、生産ライン再開は2月9日からになるとのことです。

 

元々春節明けは生産パワーが落ち、通常の30%くらいになりますが、もし春節後1ヶ月過ぎてもこの状況だと厳しいです。

多分休日返上で、遅れをカバーされるのでは、と思います。

引き続き、情報を集めたいと思います。

 

大連の皆さん、ウィルスに負けず頑張ってくださいね!加油大连!!